Back to top
Interview Movie Noriyuki Tanaka
Interview

Welcome to DANCE NOT ACT RECRUIT 2016

募集要項
close
Kazuya Arai PRODUCTION MANAGER
Q:プロダクションマネージャーとはどんな仕事ですか?
企画、スタッフィング、撮影準備、撮影、編集からオンエアまで、TVCMの制作業務の全行程に携わる仕事です。
Q:この仕事をやっていて、一番やりがいを感じるのはどんな時ですか?
撮影を無事終える事ができた時と、できあがったCMをオンエアで見た時です。
Q:荒井さんの将来の夢を聞かせてください。
A. CM(映像)に限らず、色々なものをプロディースしていきたいと思っています。
B. 話題になる作品をたくさん世に出していきたいと思います。
Q:どういう人がこの仕事に向いていますか?
ネクラ、ネアカ。神経質、おおざっぱ。マニアック、器用貧乏。・・・特に向いている性格などは無いと思います。
強いて言うなら、一見向いていないと思っても、そんな自分をしっかコントロール(マネジメント)できる力を持っている人が向いているのでは?
Q:この仕事を志す若者にメッセージをお願いします。
とにかくいろいろな人と出会えます。だからこそ、自分の色がわかります。
CMが好きな人。自分の担当する作品を世に出したい人。
そんな強い意志をもっている人が、長く続くと思います。
大変な事もたくさんありますが、だからこそ達成感もあります。
一緒に話題になるCMを作りましょう!!
募集職種
プロダクションマネージャー(未経験可・経験者優遇)
給与
経験、年齢など考慮の上、優遇致します。
待遇
各種社会保険完備、交通費支給
仕事内容
TVCM、PVの企画制作全般に携わります。
具体的には、企画打合せへの参加・プレゼン資料集め・各スタッフとの交渉やスケジュール調整・ロケハン・ 撮影スケジュールプランの作成・撮影現場の進行管理・編集時の進行管理・作品予算管理など。

プロダクションマネージャーは、企画・撮影・編集のすべての作業に携わるので、 仕事内容は多岐に渡り多くの作業を効率的にこなし、 様々な人たちと意思の疎通が出来るコミュニケーション能力が大事になります。 大変な仕事ではありますが、その分達成感は大きいです。
応募方法
下記募集要項にてご確認ください。
募集要項詳細
close
Daisuke Ishii WEB DIRECTOR
Q:ウェブディレクターとはどんな仕事ですか?
ディレクターは、話をまとめ制作を押し進める構築の舵取りだと思っています。
うちの場合は、ときにアイデアを練って提案したり、デザイン上のトンマナを見たり、コピーのトンマナを見たり、コーディングのチェックをしたり、多岐に渡りソフトとハードの両面から提出物のクオリティを管理しています。何でも屋ですね。
Q:どういう人がこの仕事に向いていますか?
継続は力だなと思っています。才能があるなと感じる人も見ましたが、続くかは別の話しです。
最初は才能がないかなと感じても、続けるうち自分色を出す人も見ました。
続くということが、それだけで才能かもしれないと思います。
何でもいいので、人よりも余計に知っている。
本当にこれでいいのかと、やたら疑り深い。あまり深く考えず、勢いで進む大胆さがあったら、最高に向いていると思います。
Q:この仕事を志す若者にメッセージをお願いします。
誰もが、もうインターネット無しの生活には戻れません。
WEBが全ての真中に来る日を夢見てみませんか。
募集職種
webディレクター/webデザイナー
給与
経験、年齢など考慮の上、優遇致します。
待遇
各種社会保険完備、交通費支給
応募方法
履歴書(連絡先、メールアドレス、写真貼付、希望職種を明記)、職務経歴書と 下記にある”採用応募者の個人情報の取り扱いに関する同意書”にご記名・ご捺印の上、 一緒にご郵送ください。書類選考の上、面接日をご連絡致します。
●応募書類送付先
〒106-0045 東京都港区麻布十番3-9-7
株式会社アルティナ 採用担当宛
※こちらはダンスノットアクトグループ「株式会社アルティナ」での採用になります。
close
Tomoyuki Okada CREATIVE DIRECTOR
Q:企画演出とはどういう仕事ですか?
一言で言うと「企む」仕事です。
世の中をこういう風に動かしたい、こんなところを利用して商品を売ったり企業の主張を伝えていきたいという企みをカタチにすることが企画演出の仕事です。
Q:どういう人がこの仕事に向いていますか?
まずは企める人。
世の中を動かしたいと思っていないと、単に「発注者の言うことを聞く人」になってしまいます。
次に、とにかく映像が好きな人。
どの映画のどのカットと言われてすかさず思い出せる「映像記憶力」を持っていないと企画も演出もプアなものになってしまいます。
幸い、今は撮影機材も編集機材も安く手に入るので、そのあたりで「手を動かす」ソリューションを持っていればさらに有利だと思います。
Q:この仕事を志す若者にメッセージを。
企画をしたい、演出をしたい、という若者は大勢います。
その中で、あなたは何ができるのか?何をしたいのか?をきちんと考えていてください。「教えてください」という受け身の人はご遠慮ください。
監督と呼ばれる人はかっこいいし楽しそうですが、意志と智恵と技術は最低限持っていないとダメだと思います。
募集職種
プランナー
給与
経験、年齢など考慮の上、優遇致します。
待遇
各種社会保険完備、交通費支給
応募方法
履歴書(連絡先、メールアドレス、写真貼付、希望職種を明記)、職務経歴書と”採用応募者の個人情報の取り扱いに関する同意書”にご記名・ご捺印の上、 一緒にご郵送ください。書類選考の上、面接日をご連絡致します。
●応募書類送付先
〒106-0045 東京都港区麻布十番3-9-7
株式会社アルティナ 採用担当宛
※こちらはダンスノットアクトグループ「株式会社アルティナ」での採用になります。
close
Futoshi Yamauchi DIRECTOR
Q:CGディレクターとはどんな仕事ですか?
一般にCGディレクターの役割は、映像中のCGパートの品質管理やチームマネジメント、技術的問題の解決などです。
演出については映像全体の監督がディレクションを行うので、CGディレクターが携わる演出はカメラワークやライティング、エフェクトなど限られたものになるのが普通です。
一方、クライアントから直接発注を頂く案件の場合は、私自身がいわゆるCGディレクターではなく映像全体を演出するディレクターとして制作にあたります。
その場合はCGディレクターの役割に加えて企画、演出も行うため非常に大変ですが、自分の考えとslantedのアーティストで映像のすべてを完成させることは大きな達成感を与えてくれます。
slantedは後者の直接発注のケースが多いプロダクションです。
Q:なぜ山内さんはこの仕事をやろうと思ったのですか?
私も以前はCG制作者として作業をしていましたが、大人数のチームのCGディレクターをやっているうちに次第に踏み込んだ内容まで関与するようになり、 気がつくと自分がディレクションで請け負う形になっていきました。
自分自身で作業をやっている頃は自分なりにこだわって作り込むことに楽しみを感じていましたが、 監督の立場になってからはslantedのアーティストの力を借りながら、他に埋もれることのない個性のある映像に仕上げると言うより大きなことに挑戦しています。
Q:どういう人がこの仕事に向いていますか?
他の仕事でも同じですが「こだわりのある人」。
自分で完成のOKを出すレベルが高く持てる人。
観察力のある人。
過去に目にしてきたものを自分の表現の引き出しとして蓄えているような人。
どれかに当てはまればやっていけると思います。
Q:この仕事を志す若者にメッセージをお願いします。
CGの仕事は特に、所属するチームのレベルや携わる案件の内容によって身に付くスキルや成長の度合いが大きく変わります。
slantedはクライアントから自由な表現を任されることが多く、才能を発揮するチャンスに恵まれています。
熱意ある方の挑戦を待っています!
募集職種
CGディレクター
給与
経験、年齢など考慮の上、優遇致します。
待遇
各種社会保険完備、交通費支給
応募方法
下記募集要項にてご確認ください。
募集要項詳細
close
Youichi Sano PRODUCER
Q: CMプロデューサーとはどんな仕事ですか?
言葉の通り、担当するCMのクオリティーを世の中に責任を持ってプロデュースする仕事です。
CMのトーン&マナー、予算配分、キャスティングとスケジューリングと幅広く担当します。
Q:なぜ佐野さんはこの仕事をやろうと思ったのですか?
世の中に何かを発信したかったから。
CMは毎回テーマが違うことが多いので、常に新しいことにチャレンジできるのも魅力でした。
Q:この仕事をやっていて、一番やりがいを感じのはどんな時ですか?
自分の手がけたCMのオンエアを、視聴者のひとりとして見る時。
辛かったことなどすべて忘れて、オンエアできて良かったなぁと感じます。
あと、当たり前ですが、手がけたCMの商品が売れたときです。
Q:どういう人がこの仕事に向いていますか?
楽しく仕事ができる人。
頑張るのは当たり前で、ゴールをイメージして取り組める人が成功していると思います。
Q:この仕事を志す若者にメッセージをお願いします。
楽じゃない仕事ですが、こんなに知識が増える職種もなかなかないと思います。
CMが大好きな人、制作に携われる少ないチャンスをものにして欲しいです。
募集職種
プロデューサー
給与
経験、年齢など考慮の上、優遇致します。
待遇
各種社会保険完備、交通費支給
応募方法
下記募集要項にてご確認ください。
募集要項詳細
close
Yasushi Tsutsui OFFLINE EDITOR
Q:オフライン編集とはどんな仕事ですか?
オフライン編集とは撮影してきた莫大な量の素材の中から一番良い箇所を選び、つなぎを決める仕事です。
Q:どんな人に向いていますか?
少なくとも体の弱い人には向かないと思います。
向き不向きはやる気の有り無しかもしれなくて、やる気のある人は短所も個性として昇華できている気がします。
Q:この仕事を志す若者にメッセージをお願います。
映像が、映像の仕事が好きである事が重要です。そこから全て始まります。
募集職種
エディター
給与
経験、年齢など考慮の上、優遇致します。
待遇
各種社会保険完備、交通費支給
応募方法
下記募集要項にてご確認ください。
※こちらはダンスノットアクトグループ「株式会社家元」での採用になります。
>募集要項詳細
close
Noriyuki Tanaka CREATIVE DIRECTOR
募集要項詳細
映像はこれからが本当のポップカルチャーになる。
今まで、映像というのはとにかくお金がかかるものだったワケです。
若い人が「映像をつくりたいなぁ」と思って、制作費は何とか工面して作れたとしても、それをみんなに見せるためには映画興行にかけてもらうとか、テレビ電波に乗せるとか、CMでいうと莫大な媒体費が必要だとか。ビジネスでなくては見てもらうこともできないというのが今までの映像のあり方だったんじゃないかな。
だからアマチュアとして映像をつくっても発表する場がなかった。
ところが、今はYoutubeなどの動画サイトでどんどん発表ができる。
例えば、鉄拳がアニメーション書いてYoutubeに上げたのを世界に影響力のあるアーティストにオファーされるとか。
もう完全にアマチュアが存在できるようになったんです。
それが僕の言う「ポップカルチャー」ということなんですね。

音楽業界を見てみるとよく分かるんだけど、どうしてもバンドやりたいと思ってガレージバンドやストリートで歌ってた人が、自主配信したりインディーズのレーベル立ち上げたりして、誰でもプロになれるという事実ができた。
そうするとものすごく裾野が広がって、人も集まるし才能も集まって、音楽のあり方が活性していく。これと同じことが映像にも起こるんだと思うんですよ。

だからやっと、映像もいい意味でアマチュア化して、活性化して、人材がどんどん増えてきて、ある時の音楽業界みたいなカタチで、チャンスとか夢を実現できる。そういう若い人たちが入ってくるようになってるんじゃないかという気がします。
開かれた映像制作のカタチに可能性がある。
で、プロとアマがあってどちらかに閉じていくというカタチじゃなくて、両方を横断できるみたいな話だとか、どちら側からも必要な話なのでは?という気がしてます。
例えばパーソナルでやっていたものがメジャー化する。
メジャーでつくっていても「ここからはアンダーグラウンド」的にやっていく。
その両方を渡り歩くみたいなスケールをどう持つかというのがすごく重要だと思います。
例えばパーソナルに映像をつくってて、そこそこ優れてはいるけど、さすがにCMの演出をまかせるにはリスキーだなって人がたくさんいると思うんです。
それを何人かたばねておいて、ちょっとしたweb動画を低予算で作ってもらう。
するとプロでは発想しなかった面白いものが発見できる。というのもあるよね。
そんなプロデュースとか、ダンスノットアクトでどうだろう?
メディアとしての映像へ。
メディアがインターネットとかパーソナルメディアとか、2スクリーンとかの時代になっているとますます映像が映画やCM以外に広がって行く可能性があるよね。
インタラクティブみたいなものとも合わさっていくと思うんですけど、本当に興味のある人はまずやった方がいいかなと思います。
自分でお金を用意して始めるのもいいし、それができなかったらダンスノットアクトみたいな会社に入って経験を積むのもいい。
ただ、映像制作の現場は大変だったりするし、予算とか、関わる人たちとか、交渉とか、寝なかったりとか(笑)。
イメージを現実化するって大変なことですけど、そういうことも乗り越えれば経験を積んでいくことができる。
とてもいい場だと思うので、映像に関わりたいという人はそういういろんな経験をしていくことでコミュニケーションとかメディアという影響力に関わる喜びと合わせて頑張ってほしいと思います。
ダンスノットアクトに入るなら、映像を目指して、映像をやるんだという志を持ってやってきて欲しいと思いますね。